1. TOP
  2. 提供ソリューション
  3. 深海での調査活動を成功させる耐圧技術

実績のご紹介実績のご紹介

実績のご紹介実績のご紹介

実績のご紹介

深海での調査活動を成功させる耐圧技術

鶴見精機の耐圧技術としんかい6500

概要

「しんかい6500」は、海洋研究開発機構(JAMSTEC)が1989年に開発した有人潜水調査船です。「しんかい6500」のミッションは、地震、地殻を構成するプレートや地球内部の動きの調査、生物の進化の解明、深海生物の調査、熱・物質循環の解明とされています。世界で海底地形や地質、深海生物などの調査を行っており、2017年には、通算1,500回の潜航を達成しました。今では世界に7隻しかない有人潜水調査船の1つであり、世界の深海調査研究の中核を担っています。「しんかい6500」の圧力計に鶴見精機の耐圧技術が利用されています。


プロジェクト

深海での調査活動を成功させる観測機器

「しんかい6500」は、名前の通り深海6,500mまでの大深度の潜水調査を目的とし開発された有人潜水調査船です。日本列島の太平洋側海溝で沈み込む海洋底プレートが、約6,200m〜6,300m付近で沈降を始めていることから、その深度の重点観測が必要とされました。「しんかい6500」プロジェクトでは、大深度に耐えうる観測機器が求められました。


「しんかい6500」の圧力計

鶴見精機の耐圧技術を用い「しんかい6500」の圧力計を製造。「しんかい6500」プロジェクトをサポートしました。それ以降、鶴見精機では、耐圧技術を活用した製品の設計・製造を行っています。深海という特殊環境観測に対応する観測設備を保有しています。

10,000m耐圧試験棟

最大深海10,000mまでの耐圧環境を再現する耐圧試験棟です。


関連リンク


この記事のカテゴリ実績のご紹介